「無農薬」「有機栽培」、、の表示に思う。

●岩下珈琲では、「無農薬コーヒー豆」として販売しています。ネットでもたくさんの表示を見かけます。その内容は、「無農薬のコーヒー豆を仕入れています」「現地農園が認証を取得しています」などが挙げられています。でも、届いた豆はは「多分〇〇だろう?」の豆ではないでしょうか?

●インドネシアに買い付けに行った先で、≪有機JASマーク≫≪フェアートレード≫の看板を掲げているバイヤーがいました。内容を知りたくて面会を申し入れましたが叶いませんでした。同行してくれた現地人のコーヒーエキスパートは、この認証の事について首を横に振って、多くは語りませんでした。このあたりの農園は、整然と整理された農園ばかりです。ここはインドネシアのコーヒー豆の「メッカ」です。大手コーヒーメーカーの看板をいくつか見かけました。管理農園だそうです。
ここで、有機栽培が行われているか?フェアートレードが行われているか?ここには4回目の訪問ですが、〈それを感じたことはありません〉。しかし、ここを通過した生豆は、この認証で日本国内販売されるのでしょう。

●数年前の新聞記事で、日本の有名大学とインドネシアのコーヒー関連会社が「ルアック・コーヒー」の≪本物識別方法≫を発見したそうです。目的は「まじめな生産者を守り、本物を消費者に届ける手助けになる」との事でした。私は思います。この方法が一部の権力者だけの道具になり、地方で本当のルワック・コーヒーを生産している小さな農園を阻害することが無いことを希望します。
●私は、インドネシアに仕事で4年間駐在、コーヒー豆の買い付けで5年目を迎えます。インドネシアの実情を少しですが感じ取っています。今経験を活かし、本当の無農薬コーヒーを提供しています。この業界では色んな≪認証≫が出てきます。しかし、岩下珈琲では、インドネシアの農園まで出向き、≪現場≫≪現物≫≪現実≫を確認して仕入れて、専用の麻袋、専用のルートで仕入れています。それを皆様に理解して頂ければと思います。コーヒーは食品です。新鮮で安心、安全出なければなりません。


管理者にだけ表示を許可する