スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

8月2日 ワメナのコーヒー農園へ

8月2日 、前日農園の住所を教えてもらい、飛び込みで訪問した。
道は、思ったより整備されていました。
IMG_1527.jpg
農園と仲買いをやっているところへ行ってきました。

IMG_1621.jpg
シェードツリーのある農園でした。やはり、子の木はコーヒーにとって重要のようです。IMG_1636_201608261200258ce.jpg
IMG_1649.jpg
選別前の豆だそうです。すごくきれいでほとんど欠点豆がありませんでした。
IMG_1568.jpg
国の支援で設備を導入したそうです。ヤンマーや、ホンダのエンジンが付いていました。
IMG_1577.jpg
IMG_1594.jpg
次の農園を目指します。ここの農園もシェードツリーがありました
IMG_1752.jpg
IMG_1742_20160826120123738.jpg
IMG_1764_20160826122354f75.jpg
IMG_4624.jpg


更に次の農園を目指します。ここもシェードツリーがあります。パプア州ワメナのコーヒー豆は≪ティピカ≫でした。
聞くところによれば、オランダ植民地時代からコーヒーの木の交配はされていなそうだ。
IMG_1700_201608261200533a7.jpg

IMG_4294.jpg
IMG_4273.jpg
IMG_4165.jpg
IMG_4132.jpg
IMG_4116.jpg
IMG_4126.jpg

彼の自宅へ、、。水も電気もガスもない生活でした。IMG_4369.jpg
IMG_4367.jpg
彼のコーヒーに対する情熱を熱く感じた。
フェアートレードの言葉があるが、彼等には何の還元も無く、権力がある場所へ助成金は流れているといっていた。
不公平だ!と、、。確かに前の農園では、電気や、家があり、立派な設備を導入していました。

屈託のない子供見ていると、少しでも力になりたいと思った。案内してくれた御礼に市場へ彼らと行き、4人の子供たちの服と、わずかな食料品を買ってあげた。お父さんには、僅かですが、謝礼を、、。


コーヒー買い付けで、色んな所に行きました。現実を見てきました。高いコーヒーを飲んだり、コーヒーブームに沸く日本、でもそのコーヒーを作っている農家の人たちは、貧しい暮らしをしています。私は彼らの生活が少しでも向上するように、力になりたい。いつもそう思います。
私が買った豆には、彼らの努力と、心も一緒に運んできています。
私が飲むコーヒーカップの底には、彼らが見えます。
私はこの仕事を続け、何時かは、彼らに支援がしたいと思っています。
IMG_4355.jpg
ここワメナの豆を僅かですが購入出来ることになりました。浅煎りは、レモンのような酸味で、立て続けに2杯をまるでジュースのように飲みました。中煎りにすれば、チョコレートの味をほのかに感じました。口の中にいつまでも余韻が残ります。
絶品です!

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。